SPACE/” IT FROM BIT “

INSTALLATION

GALLERY ORT PROJECT KYOTO JAPAN

インスタレーション

ギャラリー オート プロジェクト 京都 日本

 HOME 

The aim of this piece is to suggest through patterns the multiple levels of abstraction that are typically embedded, but usually unarticulated, in the building of an object. I begin with the object itself. As the final product, it is structurally defined by steel and rests in a concrete space. Where it touches the body via fabric it becomes a densely patterned colored surface. An expanded but more abstracted pattern further mediates the space where the object meets with the floor. Another abstract pattern comments on these first two instances and wraps around them. Where they meet they dissolve into the enclosing space of the room. The title comes from a phrase used by the physicist John Wheeler in 1990 to suggest that information is fundamental to the physics of the universe. All things physical are information-theoretic in origin. "It from bit. Otherwise put, every 'it' - every particle, every field of force, even the space-time continuum itself - derives its function, its meaning, its very existence entirely - even if in some contexts indirectly - from the apparatus-elicited answers to yes-or-no questions, binary choices, bits. 'It from bit' symbolizes the idea that every item of the physical world has at bottom—a very deep bottom, in most instances—an immaterial source and explanation; that which we call reality arises in the last analysis from the posing of yes–no questions and the registering of equipment-evoked responses; in short, that all things physical are information-theoretic in origin and that this is a participatory universe." (John Archibald Wheeler 1990 )

http://goo.gl/IKMBZ

この作品の目的は通常物(オブジェ)を構築する場合に埋め込まれてしまい多層的に抽象化されがために明確に現れてこないものをパターンを通して提示しようとすることにあります。 まず、オブジェ(ソファー)自体から始めます。結果的にはソファーの材質であるスチールがコンクリートの床に横たわることで構造的に空間が明確化されます。腰掛けたときに身体が加色された目の詰んだ織物(反復、増殖されたパターン)の生地を通して接触します。オブジェ(ソファー)が接触する床において拡大されより抽象化されたパターン(反復,増殖され)広がります。最初の2つのパターンと同じ特質を持つパターンは壁上でそのまわりを囲みます。空間を構成している壁上で2つのパターンが出会う場では希薄になります。- 実体のあるソファーと空間を構成する壁 it、実体のない織物のパターンbit 、その対比 - " it from bit " このタイトルは物理学者のJohn Wheeler が1990年に使った言葉で、宇宙物理学の基本原則を表しています。実体のある全ての物は情報理論,デジタル物理学から説明できるかもしれないという新しい仮説です。 「ありとあらゆるもの、素粒子、重力や核力などの力の場、時空さえも、その存在そのものが、デジタル情報の計算で成り立っている。われわれが現実、実体と呼んでいるものの実態は、膨大な数のイエスかノーかの選択によるシミュレーションなのである。」  (John Archibald Wheeler 1990 )

 

Close